言葉のいちばんうしろ

随分昔の話


言い訳をすればcontextが無ければ読み取れないということ
僕の失敗は 「カケル」 だった。

その失敗とは、「ヤカンの水を火にカケル」 と 「ヤカンを火にカケル」だった。 
うちの祖母から命じられた指示に対して迅速に行動したのはよかったものの、幼き小学生の僕は迷いながらもヤカンの水をガスコンロの火にかけてしまった。その後コンロの火はばっちり消えたものの、その後何時間かは火がつかなくなり、祖母からは怒られる終い。。。。

文章ではcontextがないと単語は読み取れないのと同じように、タブレットガムとバスタブの絵も、無駄なものを省いてしまうと区別できなくなったり、しなかったりする。。。そう。
ただそれだけのこと。

c0002443_1287.jpg

[PR]
by maasaan | 2005-07-21 01:15 | et cetera